すべらないFX 約定能力の比較

低スプレッドのデメリット (約定拒否ほか)

【質問】
FXを始めようと思っていろいろ調べていたら、スプレッドというものがあり、これは業者の手数料だということがわかりました。

余計なお金は使いたくないので、できるだけスプレッドの低い業者を選ぼうと思います。でも、あまりにも低いと何だかアヤシイ気がして・・・。

スプレッドの低い業者を選ぶと何か問題があるでしょうか?

【回答】
スプレッドとは簡単にいえばFX業者に支払う手数料であり、買い注文を出すたびに顧客が出費を余儀なくされるものだ。特に、1日に何度も取引を行う「デイトレ派」にとってはバカにならない金額になるから、低スプレッドに注目した業者選びは非常に重要だといえる。

ただ、スプレッドの低さばかりに注目していると思わぬ落とし穴にハマってしまうことがある。
それは「約定力の低さ」だ。

約定力とは、「顧客の注文を受けて取引を成立させる能力」だ。

FX業者を比較すると、低スプレッドと約定力とは「反比例の関係」にある。
スプレッドが狭いほど約定力が落ちていく傾向が感じられる

低スプレッドの業者は、当然ながら取引1件あたりの利益が低い。財務体力の弱い業者であれば経営を維持するのに精一杯で、とてもシステムの増強までコストをかけられないのが実状だ。その結果、約定率が落ちてしまうのだ。

また、相場が急変すると業者は想定以上の為替リスクを負うことになってしまう。リスク回避のために業者は顧客からの注文を受けつけない「約定拒否」という手段に出ることもあるのだ。

スプレッドが狭いに越したことはないが、約定力が低ければ取引コストがかさんで、結局は出費がかさんでしまうことが多い。

業者を選ぶ時は低スプレッドかどうかだけでなく、「約定力の高さ」にも注目して選ぼう。そうすることで、最終的には損失を少なく抑えることができるのだ。

最近では、低スプレッドと約定力の高さを兼ね備えた業者も出てき始めた。じっくり情報を収集して取引を有利に行えるようにしよう。





FX_約定力ランキング

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

クリック証券

クリック証券

クリック証券

ひまわりFX

ひまわりFX

ひまわりFX

FX ZERO

FX ZERO

FX ZERO

ページのトップへ▲

FX_約定力MENU
HOME
指値でもすべることがある?
土日でも相場は動く?
ロスカット設定の考え方
システムトレードの規制
クルクル詐欺とは
指標時に強いFX業者
低スプレッドと約定拒否
家族名義の取引は違法?
業者を1社に絞る必要なし
デモトレードで注意する点
用語・基礎知識
成り行き注文
指値とは?
逆指値とは?
IFD注文
OCO注文
IFO注文
スリッページとは
ストリーミング注文
時間指定成り行き注文
連続注文とは
スプレッドとは
インターバンクスプレッド
カバー先とは
五十日の相場動向
外貨同士の通貨ペアの取引

包茎手術を大阪で受ける場合。

大阪市内の梅田駅前あたりのエリアには包茎治療の専門クリニックが密集しているという噂を聞きました。実際、調べてみたところ、本当にたくさんありますね。
料金的には、ABCクリニック大阪院の3万円でできる仮性包茎の手術が私には合っているように思いましたが、やはり1度はカウンセリングをうけてみないとわかりませんよね。
なので今度、包茎手術 大阪のクリニックを全部、しっかり見て回ろうと思います。