すべらないFX 約定能力の比較

一向に約定しないクルクル詐欺?

ホームページに設置されたボタンをクリックすると、プログラムがロード中であることを示すアイコンがクルクルクル・・・。インターネット接続の主流が低速回線だった頃はしょっちゅうお目にかかったものだ。

この、アイコンがクルクルしているところから命名された現象が「クルクル詐欺」だ。

とあるFX会社でチャートや注文ボタンをクリックすると、ロード中を示すアイコンがクルクルと回り続けて一向に約定しない。待たされること数十秒、その間にレートが動いたので注文を取り消そうと思っても、何とキャンセルも受けつけない。やっと約定したと思った時には顧客に不利なレートで約定している・・・。

こういう特殊なスリッページが「クルクル詐欺」と呼ばれている。

実際にFX会社が利益を確保しようとして、わざとスリッページを発生させているかどうかはわからないが、あまりにも長く待たされることや顧客に損失が発生する事例が多いこと、キャンセルもできないことなどから詐欺と名付けられてしまったようだ。

この現象は主にストリーミング注文や成り行き注文で発生している。これらの注文は発注が1秒でも速い順に約定されていくが、システムの弱い業者の場合、インターバンクとのやりとりに時間がかかったり、発注の処理に時間がかかったりして、希望のレートで約定できないことが多い。ひどいところでは、大量の注文が入ると処理しきれずにシステムがダウンしてしまうこともある。

顧客がどんなに素早く発注しても、業者がコレでは利益を出すどころの話ではない。

では、
クルクル詐欺にあわないためにはどうすればいいのだろうか?

まず、成り行き注文やストリーミング注文ではなく指値注文を使うこと。
そして、約定力の高い(サーバーの強い)FX会社を選ぶことだ。

指標の発表時など、大量の注文が殺到する時には指値注文でさえスリッページが発生することがある。サーバーなどのシステムにしっかりとコストをかけ、通信回線も速いFX会社を選ぶことで、こうしたリスクはある程度回避することができる。

取引手数料やスプレッドも業者選びでは大事なポイントだが、約定しないのでは結局取引コストばかりがかさんでしまう。確実なリターンを得るためにも約定力の高さを業者選びの基準にしたいものだ。





FX_約定力ランキング

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

クリック証券

クリック証券

クリック証券

ひまわりFX

ひまわりFX

ひまわりFX

FX ZERO

FX ZERO

FX ZERO

ページのトップへ▲

FX_約定力MENU
HOME
指値でもすべることがある?
土日でも相場は動く?
ロスカット設定の考え方
システムトレードの規制
クルクル詐欺とは
指標時に強いFX業者
低スプレッドと約定拒否
家族名義の取引は違法?
業者を1社に絞る必要なし
デモトレードで注意する点
用語・基礎知識
成り行き注文
指値とは?
逆指値とは?
IFD注文
OCO注文
IFO注文
スリッページとは
ストリーミング注文
時間指定成り行き注文
連続注文とは
スプレッドとは
インターバンクスプレッド
カバー先とは
五十日の相場動向
外貨同士の通貨ペアの取引

宇都宮の美容エステがオススメ

宇都宮 エステの口コミなら栃ナビを見るとたくさん載ってます。私は栃ナビの口コミをみて、宇都宮の個人エステサロンを知りました。
個室エステは隠れ家的な味わいがあって大変リラックスできます。さすが口コミでも評判が良いだけのことはありますね。