すべらないFX 約定能力の比較

損失限定の保険のような注文方法

IFO注文とは、IFD注文とOCO注文の特長を取り入れた注文方法だ。

IFD注文は「初めの注文が成立したなら次の注文が有効になる」という方法だ。
OCO注文は「一方の注文成立で、もう一方は自動的にキャンセルされる」という方法だ。

IFO注文は、1つめの指値(または逆指値)注文が成立した後で2つめの注文が有効になるところまではIFD注文と同じだが、2つめの注文がOCO注文になっている。

新規注文から損益確定までが一度の注文で自動的に行われる、とても使い勝手のいい注文方法だ。

例えば、1ドル105円のレートの時に、1つめの注文として新規に106円の買い指値を出し、2つめの注文として107円と105円の売り指値を出す。

相場が動き、1つめの106円の買い指値が約定した。

すると、自動的に2つめの注文が有効になるが、これはOCO注文になっているので相場が上下どちらに動いても取引を成立させることができる。つまり107円か105円のどちらかのレートに至った時に売り指値注文が成立するというわけだ。

一度の注文に利益確定または損失限定の、両方の「保険」をかけておくようなものだ。

ただしIFO注文は、相場が上昇傾向の時は利益を期待できるが、下落傾向では逆指値にかかりやすくなるので利益が出にくくなる。

チャートに注意して相場の傾向を読んでこそ、メリットのある注文方法だといえるだろう。





FX_約定力ランキング

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

クリック証券

クリック証券

クリック証券

ひまわりFX

ひまわりFX

ひまわりFX

FX ZERO

FX ZERO

FX ZERO

ページのトップへ▲

FX_約定力MENU
HOME
指値でもすべることがある?
土日でも相場は動く?
ロスカット設定の考え方
システムトレードの規制
クルクル詐欺とは
指標時に強いFX業者
低スプレッドと約定拒否
家族名義の取引は違法?
業者を1社に絞る必要なし
デモトレードで注意する点
用語・基礎知識
成り行き注文
指値とは?
逆指値とは?
IFD注文
OCO注文
IFO注文
スリッページとは
ストリーミング注文
時間指定成り行き注文
連続注文とは
スプレッドとは
インターバンクスプレッド
カバー先とは
五十日の相場動向
外貨同士の通貨ペアの取引