すべらないFX 約定能力の比較

相場の予測が難しい時に便利

OCOとは、One Cancels the other Ordersの頭文字を取った取引名で、
「一方の注文成立で、もう一方は自動的にキャンセルされる」という方法だ。

指値注文と逆指値注文を同時に出すことができ、レートが上下のどちらに動いても確実に損益を確定させることができる。チャートをリアルタイムで確認できない時や相場の予測が難しい時に便利な方法だ。

例えば、レートが1ドル108円で今後の傾向が読みづらい時、110円の指値注文と106円の逆指値注文をOCO注文で同時に出しておく。

相場が上昇すれば110円の指値注文が成立して利益確定、下落すれば106円の逆指値注文が成立して損失を確定できる。

そして、どちらか一方の注文が成立すれば、もう一方の注文は自動的にキャンセルされる。

現在のレートを上下にはさむ価格でまったく逆の注文を2つ同時に出し、確実に損益確定できるのがメリットで、市場に柔軟に対応できる優れた注文方法だといえる。

ちなみにOCOの場合、いつまで待っても指値、逆指値ともに約定しそうにない値動きの時、仮に指値をキャンセルすると自動的に逆指値も取り消される。一方はキャンセルしてもう一方は残しておくということはできないから注意が必要だ。





FX_約定力ランキング

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

クリック証券

クリック証券

クリック証券

ひまわりFX

ひまわりFX

ひまわりFX

FX ZERO

FX ZERO

FX ZERO

ページのトップへ▲

FX_約定力MENU
HOME
指値でもすべることがある?
土日でも相場は動く?
ロスカット設定の考え方
システムトレードの規制
クルクル詐欺とは
指標時に強いFX業者
低スプレッドと約定拒否
家族名義の取引は違法?
業者を1社に絞る必要なし
デモトレードで注意する点
用語・基礎知識
成り行き注文
指値とは?
逆指値とは?
IFD注文
OCO注文
IFO注文
スリッページとは
ストリーミング注文
時間指定成り行き注文
連続注文とは
スプレッドとは
インターバンクスプレッド
カバー先とは
五十日の相場動向
外貨同士の通貨ペアの取引