すべらないFX 約定能力の比較

比較的、スリッページが発生しにくい

指値とは、売買したい価格を指定して注文する取引方法で、指定した価格になった時点で取引が成立(約定)する。

注文を出しておけば自動で売買が行われるので、為替レートをリアルタイムで確認できないような忙しい時などに便利な方法だ。

例えば、ドル/円の「買い」ポジションを持っていて、1ドル100円の時点で105円の指値「売り」注文を出すと、為替レートが105円に動いた時に自動売買が行われる。

このように指値では、「売り」は現在のレートよりも高値を指定し、「買い」は安値を指定して注文する。指定した価格に応答する注文が出れば取引は成立だ。取引価格を指定するわけだから、成り行き注文のようにスリッページが発生しにくいのも嬉しいメリットだ。

ただ、指定した価格にならないと取引されないので、どうしても約定まで時間がかかってしまうというデメリットがある。

上記の例でいえば、ドル/円 100円のレートで105円の売り指値注文を出した時、105円の買い注文(応答注文)が出なければ、いつまでも取引が成立しないことになる。レートからかけ離れた指値にしてしまうと、こういう事態になりやすいようだ。

また、取引は基本的に注文したタイミングの早い順に行われるが、「買い」の指値注文ではより高値をつけた注文から成立し、「売り」の指値注文ではより安値をつけた注文から成立していくという特徴がある。取引の優先度も成り行き注文より下(後)なので、約定するタイミングをつかみにくい。

レートに近い指値で注文すれば約定の確率は高くなるので、希望の価格で約定するように注文の出し方を工夫しよう。





FX_約定力ランキング

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

クリック証券

クリック証券

クリック証券

ひまわりFX

ひまわりFX

ひまわりFX

FX ZERO

FX ZERO

FX ZERO

ページのトップへ▲

FX_約定力MENU
HOME
指値でもすべることがある?
土日でも相場は動く?
ロスカット設定の考え方
システムトレードの規制
クルクル詐欺とは
指標時に強いFX業者
低スプレッドと約定拒否
家族名義の取引は違法?
業者を1社に絞る必要なし
デモトレードで注意する点
用語・基礎知識
成り行き注文
指値とは?
逆指値とは?
IFD注文
OCO注文
IFO注文
スリッページとは
ストリーミング注文
時間指定成り行き注文
連続注文とは
スプレッドとは
インターバンクスプレッド
カバー先とは
五十日の相場動向
外貨同士の通貨ペアの取引